タビィコムで旅の出来事を書くと、訪問した国、都市が世界地図にマッピングされます
yomoken
  • 総移動距離:103827 Km
  • 訪問した国:44 ヶ国
  • 訪問した都市:77 都市
  • 旅行日数:112 日
2014年06月13日00:00
2014年ブラジルワールドカップ から

イマココ・最後に訪れた都市

東京
いまここ!!ログ

プロフィール

2010年南アフリカW杯に出場する32カ国を巡る「世界一蹴の旅」を完遂。あらためて、世界一蹴の旅をタビィコムで振り返ってみようと思います。 少しでもこれから旅立つ人の助けになれば、幸い!

大好きな場所

上海

最新の旅メモ

Atom Feed
yomoken さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、yomoken さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

幻のうんこコーヒー「ルアック」の秘密

  • 幻のうんこコーヒー「ルアック」の秘密
  • 幻のうんこコーヒー「ルアック」の秘密
  • 幻のうんこコーヒー「ルアック」の秘密
  • 幻のうんこコーヒー「ルアック」の秘密
  • 幻のうんこコーヒー「ルアック」の秘密
泊っている友人宅の近くにコーヒーショップがあったので立ち寄ってみました。

そうそう、お土産も買わなきゃね、ということで、インドネシアだしコーヒー豆がいいかな、と思ったわけです。


で、行ってみてびっくり。

普通のコーヒー豆は300gで、600円くらいとまぁまぁ普通のお値段なわけですが、

ひとつだけ100gで3000円というとてつもない金額のお豆さんがありました。





その名も「コピ・ルアック」。

英語にすると、ルアックコーヒー。



聞いてみれば、インドネシアの名産らしい。

ジャコウネコという、嗅覚にすぐれ、おいしいコーヒーの実しか食べないネコをコーヒー農園に放ち、そのネコのうんちからコーヒー豆(種子の部分)を採取するとのこと。

ジャコウネコが、このコーヒー豆(種子)を消化できないらしく、そのまんま取れて使えるらしいのね。

つまり、本当においしい豆を厳選してくれるのをジャコウネコ君がやってくれて、それを集めたのがこのルアックコーヒーというわけ。



※Wikiによると「一説によると、ジャコウネコ腸内の消化酵素の働きや腸内細菌による発酵によって、コーヒーに独特の香味が加わるという。」ともありました。


さらに聞くところによると、ずっとネコのおなかの中でうんちまみれになっているので、惹く前には結構うんちのニオイが・・・・とのことだったのだけど、実際に買ってみたら、普通にコーヒーのいい香りでした。

お店でも飲んでみました。店で飲むと1杯1000円近くします・・・。お味のほどは、、、いやー、だいぶうまかったです。これはブラックで飲むべきコーヒーですね。





にしても、あまり高いんで、コピ・ルアックではない、ちがう一般的なコーヒーも買ってみました。

名前は「キンタマーニ」ww

お味のほどは、、、、ご想像にお任せしますw

この記事の地図


地図を拡大する

この旅メモ周辺のホテルを紹介

タビィコムへのご意見募集しております.