タビィコムでは次の旅行のお小遣いを稼ぐことができる!
yomoken
  • 総移動距離:103827 Km
  • 訪問した国:44 ヶ国
  • 訪問した都市:77 都市
  • 旅行日数:112 日
2014年06月13日00:00
2014年ブラジルワールドカップ から

イマココ・最後に訪れた都市

東京
いまここ!!ログ

プロフィール

2010年南アフリカW杯に出場する32カ国を巡る「世界一蹴の旅」を完遂。あらためて、世界一蹴の旅をタビィコムで振り返ってみようと思います。 少しでもこれから旅立つ人の助けになれば、幸い!

大好きな場所

上海

最新の旅メモ

Atom Feed
yomoken さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、yomoken さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

フットサルのアジアNo1決定戦「F-ASIA」を開催しました。

  • フットサルのアジアNo1決定戦「F-ASIA」を開催しました。
  • フットサルのアジアNo1決定戦「F-ASIA」を開催しました。
  • フットサルのアジアNo1決定戦「F-ASIA」を開催しました。
  • フットサルのアジアNo1決定戦「F-ASIA」を開催しました。
  • フットサルのアジアNo1決定戦「F-ASIA」を開催しました。
今回バンコクを訪れた大きな理由の一つとして、アジアに住む日本人草フットサルチームの王者決定大会の「F-ASIA」への出場がありました。

この大会は、昨年出会ったバンコク在住の元フットサル選手の真野君が企画をしていたもので、構想当初から企画のお手伝いをさせてもらっていました。

同じような名前で「J-ASIA」という上記のサッカー版があるのですが、それはもう約15年も続いている伝統ある大会。

今回は、それを完全にパクりまして、J-LeagueとF-Leagueの関係のような分かりやすいネーミングにしてみました。

来年2012年は、フットサルのワールドカップがバンコクで開催されるそうで、そこに出場する(はずに)日本代表フットサルチームをみんなで応援すべく、来期はその大会と同じタイミングでこのF-ASIAを開催できるように意気込んでいます。



今回はそのビッグイベントのプレ大会として、試験的に小規模に大会を行ってみました。大会への参加は、ホストを務めるバンコクの3チームに加え、香港、ハノイ、豪州とゲストで日本の和歌山県リーグで活躍するチームを加えた7チーム。


僕はといえば、豪州代表チームの西条さんのお誘いで、豪州チームへ飛び入り参加してみました。(と思ったら、他のメンバーもみんな飛び入り系の参加だったのですが)


タイらしく、開会式直後のウォーミングアップでは、ヨガを取り入れた準備体操が行われ、大会委員長の真野さんの挨拶で、幕を開けたF-ASIA。


元プロ選手やら、現役女子フットサル選手など、結構いいメンバーを揃えた豪州チーム。実はちょっと優勝狙えちゃったり?と思っていたら、初戦のバンコクチームにあっさり敗れると意気消沈。
やっぱり即席チームだと難しいのかな・・・・

と思っていたら、8-1という大差をつけて初戦を勝ってきた優勝候補筆頭の日本チームに、まさかの3-1での快勝!!

ここから、我らが豪州チームはウナギ登りで急上昇!・・・・・

するはずが、次の試合も取りこぼし、、、結果、優勝はどんどん遠のいたのですが、

なんとか3位を勝ち取りました!!







フットサルコートでは表彰式は行われず、一旦解散した後に、表彰式&懇親会会場へ移動して、2次会が開幕。



ここでは各順位の発表に加え、協賛各社さんからの賞品が抽選であたったり、ベスト11ならぬ、ベスト5やMVPの発表など、イベントも目白押し。


僕らも、参加7チーム中の3位なので、まぁ大したことはないんですが、銅メダルをもらったときはやっぱり嬉しいもんです。

そして何より、サッカーという共通言語を持ったアジアの仲間たちが一堂に会することで、たくさんの出会いが生まれました!


継続してこの大会を開いて、アジアのサッカー、フットサルを盛り上げていきたいと思っています!



来年はさらにバージョンアップしていこうと思っています。アジアで活動するフットサルチーム、サッカーチームの皆さま、ご連絡お待ちしております!



※フットサルの会場は、スクンビット Soi71を入って行って、37の向かいあたりにある「J-PRESS」というフットサルコートです。

この記事の地図


地図を拡大する

この旅メモ周辺のホテルを紹介

タビィコムへのご意見募集しております.