タビィコムの海外ホテル検索は約30万件から地図とストリートビューから検索
yomoken
  • 総移動距離:103827 Km
  • 訪問した国:44 ヶ国
  • 訪問した都市:77 都市
  • 旅行日数:112 日
2014年06月13日00:00
2014年ブラジルワールドカップ から

イマココ・最後に訪れた都市

東京
いまここ!!ログ

プロフィール

2010年南アフリカW杯に出場する32カ国を巡る「世界一蹴の旅」を完遂。あらためて、世界一蹴の旅をタビィコムで振り返ってみようと思います。 少しでもこれから旅立つ人の助けになれば、幸い!

大好きな場所

上海

最新の旅メモ

Atom Feed
yomoken さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、yomoken さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

【アメリカ到着】 9・11事件跡地に行ってみました。

  • 【アメリカ到着】 9・11事件跡地に行ってみました。
  • 【アメリカ到着】 9・11事件跡地に行ってみました。
  • 【アメリカ到着】 9・11事件跡地に行ってみました。
  • 【アメリカ到着】 9・11事件跡地に行ってみました。
  • 【アメリカ到着】 9・11事件跡地に行ってみました。
グッドモーニング、ヨモケンです。

2日間マイアミでゆっくりしたあとで、

極寒の地、ニューヨークへと移動して参りました。





極寒といっても、僕らの到着の数日前から、大幅に気温が上がったそうで、だいぶラッキーでした。

先週降った大雪がまだ路面に残ってましたが、日中も基本的には暖かいです。先日、関東地方も雪が降ったそうですが、たぶん日本のほうが寒いんじゃないでしょうか。





そんなこんなで、アメリカに着いたわけですが・・・・


なんていうんですかね、

こう、アメリカには不思議な感情が沸きます。

いや、逆ですね、特別な感情が沸かないっていう感情でしょうか。


北朝鮮とか、コートジボアールとか、ホンジュラスとか、未体験ゾーンの国々を渡り歩いてきた僕らは不感症になってしまったのかもしれませんw


マンハッタンの高層ビル群だって、世界で唯一と言っても良いくらい珍しいものを目の前にしても、感情メーターがピクりとも動かないのです。

これはもう重症かもしれません。

将来、新婚旅行に行くのが不安になりますw



一方で、冷静な分析をしてみるに、やっぱり日本の同盟国でもあるアメリカに関する情報は、ありとあらゆる形で、日本に浸透して来ており、やはり「新鮮味」に欠けるのは事実でしょう。

その昔、“海外旅行といえばアメリカ”だったものが、いまでは他の地域に観光者の目が向いていることもうなずけます。
※昨年9月に東京で「旅行博」というイベントに行ったときも、アメリカの人気はイマイチでした。






そんなわけで、無理やりテンションを上げるべく、アメリカ好きでもないくせに、こんなパーカーを買ってみましたw


なんと12ドル(約1000円)とお買い得



自由の女神も観てきましたw







・・・・さて、ニューヨークと言えば、

いまでもまだ記憶に新しい、2001年9月11日。

そう、“9・11(セプテンバーイレブン)”こと、「アメリカ同時多発テロ」。

あの時、被害にあった「ワールドトレードセンター(以下、WTC)」に行ってみました。


あれから丁度8年半経った今、一時は「グラウンド・ゼロ」と名付けられたWTC跡地は、新プロジェクトとして、新しいビルの建設が始まっています。


完成は2012年とのこと。まだ基礎工事中に見えるが・・・



ちなみに、これが現地で買った写真集からの一枚。




手前の黒いビルが、一個前の工事中写真の、中央やや右の大きなビル。WTCがどんだけ大きかったか想像つきません。


さて、そんなテロ事件。

一般的には、「正義の国アメリカが、悪の枢軸一味に攻撃された」という世論になっていますが、それをそのまんま鵜呑みにしてちゃいけません。


新しいビルを建てるのはいいですが、その前に、アメリカの皆さんには考えて欲しいものです。


一体、なぜ“正義の国”が、“悪の一味”に攻撃されたのか?



こういう事件は、やはり立場・視点を変えて、複眼的にじっくりと観察しなければいけません。

その想いは、僕らも北朝鮮を訪問したときに痛感しています。



そもそも、何が正義で、何が悪なのか?



書くまでもなく当然ですが、武力を行使して、一般人を巻き込んだこの事件は、決して許されるべきことではないです。

が、一方で、こんな事件でも起きない限り、アメリカ国民をはじめとした、“西側諸国民”が今一度立ち止まって、改めて「世界の現状」を考えることがないということも、また事実です。


9.11事件には、あまり表のメディアには出てこない、「9.11ヤラセ説」というのもあります。僕自身、この手の説が必ずしも正しいと思ってるわけではありませんが、あくまで「複眼的に」という観点から、一読してみるのも良いかと思います。

この記事の地図


地図を拡大する

この旅メモ周辺のホテルを紹介

タビィコムへのご意見募集しております.