ウェブから直接予約で、ベトナムへ直行!!「アオザイ」クルーがお出迎え
yomoken
  • 総移動距離:103827 Km
  • 訪問した国:44 ヶ国
  • 訪問した都市:77 都市
  • 旅行日数:112 日
2014年06月13日00:00
2014年ブラジルワールドカップ から

イマココ・最後に訪れた都市

東京
いまここ!!ログ

プロフィール

2010年南アフリカW杯に出場する32カ国を巡る「世界一蹴の旅」を完遂。あらためて、世界一蹴の旅をタビィコムで振り返ってみようと思います。 少しでもこれから旅立つ人の助けになれば、幸い!

大好きな場所

上海

最新の旅メモ

Atom Feed
yomoken さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、yomoken さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

雨のナポリで思うこと

  • 雨のナポリで思うこと
  • 雨のナポリで思うこと
  • 雨のナポリで思うこと

ボナセーラー、ヨモケンです。

ローマから南へ2時間ほど、離れた南イタリア最大の都市、ナポリにやってきました。

 

 

大学時代に卒業旅行で来たイタリア。当時はジェノバ、ミラノ、ピサ、フィレンツェ、ヴェネチア、ローマと、北半分しか行ったことがなかったので、今回は独りでも南にやってくることにしました。

 

本当は、ナポリから「青の洞窟」のあるカプリ島まで船で移動し、、と思っていたのですが、どうしてもスケジュールの都合が合わず、今回はナポリを3泊、ゆったりまったりすることにしました。

 

 

 

 

他の都市と比べても、治安が悪いことで有名なナポリ。

 

それでも近年はだいぶ解消され、街並みも徐々にキレイになっていると聞きます。

 

 

 

 

夕方に到着したナポリ初日は、ホテルと駅周辺の散歩をしてみることに。

 

 

ナポリの街並みを、1時間ちょっと歩いて廻ってみた印象として、

 

 

「イタリアの香港」

 

 

と命名することにしました。

 

 

香港といっても、高層ビル群がひしめき立つ香港島の方ではなく、古きよき胡散臭さをまだまだ残す、九龍地区のほうです。

 

 

 

なんていうんでしょう、港町独特のうさんくささ。

 

そもそもイタリア人って見た目からして、ちょっと怪しいですが(失敬w)、さらに輪を掛けて南方特有の軽さ、怪しさ。

 

小さな路地では、アパートの窓から物干し竿が飛び出ていて、雨が降っているのに洗濯物がそのまま干してあったりも。

 

また、アフリカ系移民が多く、ゆえに、道路は露店がはびこり、雨が降ったら、どこからともなく、傘売りが出現しりしますw

 

 

中国でもこういう傘売りってよく見かけました。

 

それにしても、ナポリは傘売りの数が多すぎ。道を歩けば、30秒おきに傘売りとすれ違います。

 

明らかな需要と供給のミスマッチww

 

一方で、工事現場が多く、まだまだ発展の可能性を秘めているとも言えるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

ということで、雨なんです、ナポリ。

 

観光本番と思っていた、昨日&今日、終日雨が降ってます・・・・(涙)

 

 

昨日は、元会社の同僚のイタリア人にアレンジしてもらった「世界で球蹴りinナポリ」も、敢えなく中止。

 

世界3大夜景にも入る、ナポリの夜景も拝めず終い。

※ちなみに世界3大夜景とは、他に函館と香港らしい。そういう意味でも、イタリアの香港なのだが、そもそもこの3都市が3大とはとても思えないww

 

 

降りしきる雨の中、ちょっと港の方まで出かけてみましたが、すぐさまにびちゃびちゃになるジーパン、ジャケットに嫌気がさして、すぐ戻ってきました。港には大型客船(フェリー?)が何台も停泊してました。

 

 

しかし、これだけ天候が悪いと、何にも出来なくて、旅の思いでも限りなくゼロに近くなってしまう。

 

逆に晴れていたら、それだけですごく気分がいい。

 

誰が悪いとか良いとかではないけど、それだけで街の思い出(印象)も全然違う。

 

そればっかりは、かなり運に左右されるといってもいい。

 

 

 

 

思い出や印象といえば、やっぱり、旅先での思い出になるのは人を媒介した思い出。

 

確かに景色とかサッカーの試合とかあるけど、やっぱり地元の人とかと出会って、良くしてもらったりするとすごく明確に「いい思い出」として脳裏に焼きつく。

 

そう思うと、日本にいても、よその国からやってきた人には、出来る限り優しく、楽しくもてなしてあげれればいいな、と思う。

 

「シャイな気質」の日本人にとって、なかなか簡単なことではないけれど、みんなが日本代表なんだよね、そうやって、日本のイメージって出来てくるんだよね、って。

 

 

・・・・なんて思いにふけりながら、ホテルへ戻ったのですが、こんな悪天候だと、もう引きこもるか、ご飯食べるくらいしかないです。。

この記事の地図


地図を拡大する

この旅メモ周辺のホテルを紹介

タビィコムへのご意見募集しております.