タビメシを写真と場所で共有しよう!
yomoken
  • 総移動距離:103827 Km
  • 訪問した国:44 ヶ国
  • 訪問した都市:77 都市
  • 旅行日数:112 日
2014年06月13日00:00
2014年ブラジルワールドカップ から

イマココ・最後に訪れた都市

東京
いまここ!!ログ

プロフィール

2010年南アフリカW杯に出場する32カ国を巡る「世界一蹴の旅」を完遂。あらためて、世界一蹴の旅をタビィコムで振り返ってみようと思います。 少しでもこれから旅立つ人の助けになれば、幸い!

大好きな場所

上海

最新の旅メモ

Atom Feed
yomoken さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、yomoken さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

【現地レポート】 セリエA 「ACミランvsローマ」

  • 【現地レポート】 セリエA 「ACミランvsローマ」
  • 【現地レポート】 セリエA 「ACミランvsローマ」
  • 【現地レポート】 セリエA 「ACミランvsローマ」
  • 【現地レポート】 セリエA 「ACミランvsローマ」
  • 【現地レポート】 セリエA 「ACミランvsローマ」

ACミランVSローマを観戦するため、サンシーロスタジアムへ。

このスタジアム、ジュゼッペ・メアッツァとかサン・シーロとか呼ばれてますが、おなじスタジアムを2つの名前で呼んでいます。すでにご存知な情報でしょうが、このスタジアム、イタリアの超ビッグクラブ、インテルとACミランのホームスタジアムです。

今や長友選手がインテルに所属していることもあり、このスタジアムについては、とくに解説は不要でしょう。

日が暮れるにしたがって、徐々に気温が下がり、今晩はかなり寒い。

 

スタジアムの外には、グッズショップやファストフードのお店が溢れていましたが、人は結構まばら

 

ということで、吹きっさらしの外にいるよりは中へ入ってしまえ、ということで、早速スタジアム内部へ。

 

それにしても今日は、なかなかいい席でした。

 

 

ビッグマッチだと思っていた、このカード。実は12位(ACミラン)対8位(ASローマ)という何でもない中位対決。。。

 

客の入りは4万人という発表でしたが、間違いなくそんなに入ってません。相当空席が目立ち、かなりガッカリ。

 

なんでも昨年までのエース、カカをレアルマドリーへ放出し、今期の成績もこの体たらく。サポーターたちも「抗議」の意味もあって、スタジアムへ行かないのだとか。

 

 

 

 

そんなわけで試合開始前から大分ガッカリ君な、この中位争いゲームも、いよいよキックオフ。

 

開始早々3分、おそらくあれ、ミランディフェンスから味方GKへの中途半端なバックパスを、ローマFWが難なく拾い、あっけなくローマ先制。

 

 

「ミランディフェンス、相当ウ○コだね」

 

というのが、僕ら2人が始めに抱いたミランへの印象。

 

 

あっけなく先制したローマは、まだ開始5分だというのに、そこからほとんど攻める気なし。

 

1-0を守りきるのが、イタリアカルチョの美学。

 

らしいですが、

 

ナポリタンスパゲッティで育ったジャポネーゼには理解不能でしたww

 

 

ミランもミランで攻め手がないし、ローマは相変わらずなので、前半はそれでお終い。

 

そして、時は流れて試合はそのまま後半へ。

 

何分だか忘れましたが、ミランの取ったコーナーキックからの再展開で、ボールはそのまま上がっていたネスタの足元へ。

 

ゴールエリアに入るか入らないかのところでドリブルするネスタ。

 

スライディングするローマディフェンス。

 

スライディングした足は、ネスタの足を払ったかのように見えた。

 

PKのホイッスルが吹かれる。

 

猛抗議のローマ選手たち。

 

その後、スローで観たが、あれはPKではなかった。

 

 

キッカーは、ロナウジーニョ。

 

難なくゴールで同点。

 

 

背番号80とかって、あんまり好きじゃないです

 

 

 

もう、点の入り方が相当ウ○コです。

 

世界最高峰のフットボールリーグ・セリエAじゃないんですか・・・・と、試合開始前に下がっていたテンションをさらに下げてくれるこの展開。

 

もっと流れるようなダイレクトパスの応酬とか、ビックリするくらいのサイドチェンジ、攻守の切り替えとか、そういうところから得点してもらえないでしょうか。。

 

 

 

そして、例によって、淡々と中盤でミスパス合戦を繰り返す両チーム。

 

 

そんなグダグダなゲームを見ているうちに、ハーフタイムがあまりに寒かったので、エスプレッソを買って飲んだのが、おなかに刺激を与えたのか、急激に便意をもよおすワタシ。

 

 

まぁ、こんな展開なんで、少々の間トイレにいってもノープロブレムでしょう、

 

 

とタカをくくっていたのが、間違いでした。

 

 

トイレに行くためにスタンドを離れ、階段を下りていたら、場内からものすごい歓声が。。。

 

 

どうやら、ロナウジーニョからFWのパトへのブラジルホットラインピンポイントパスが通り、パトがゴールを決めたそうで。。

 

そして、これが決勝点に。。

 

 

この「ク○試合」の締めくくりは、僕のウ○チくんの処理をしている間に、終わってしまったというのは、どういう因果でしょうかw

 

 

その後、試合は荒れに荒れ、両チームあわせて7,8枚のカードが出たでしょうか。ミランも残り10分で一人退場したし。ちょっと審判も興奮してた感が否めなかった。

 

 

 

そんなわけで、ローマ選手にも相当ストレスが溜まった様子で、試合終了後にピッチに入ってきたスポンサー関係の看板を、ぶん殴ってブッ壊してました。

 

 

犯人はローマのピサロ。日本だと相当出場停止とか課されそうですが

 

 

 

なんか今日のブログは、相当汚い言葉がたくさん出てしまいました。食事中に読んでくださってる皆さんには大変失礼しました m(_ _ )m

 

 

 

ということで、汚いついでに、もう一丁。

 

試合後のサンシーロスタジアムの周りは、ごみでいっぱい。

 

 

 

 

その昔、「98年のフランスワールドカップでは、日本代表サポーターが試合終了後に、応援で使ったブルーのポリ袋を使って、スタンドのごみを片付けて帰った」という美談がありましたが、それが如何に欧州で大きく絶賛報道されたかがよく分かります。

 

 

 

 

 

帰り道。

 

こんなマフラーを見つけてしまったので、ミランファンでもない僕も衝動買いしてしまいました。

 

 

一昨年のクラブワールドカップ優勝の記念マフラーのようです。ちなみに、このバッタモンは5ユーロでした

 

 

今度は、もう少しマシな試合を観たいっす。

 

次回サッカー観戦は、スペインでバルセロナFC@カンプノウを狙っています。

この記事の地図


地図を拡大する

この旅メモ周辺のホテルを紹介

タビィコムへのご意見募集しております.