タビィコムの海外ホテル検索は約30万件から地図とストリートビューから検索
tak
  • 総移動距離:2372 Km
  • 訪問した国:2 ヶ国
  • 訪問した都市:4 都市
  • 旅行日数:4 日

イマココ・最後に訪れた都市

神戸
いまここ!!ログ

プロフィール

初めまして、英語の教師をしておりますTakと申します。 2004年オーストラリアのワーホリをきっかけに海外の魅力にはまりました。2007年にはオーストラリアの学校で1年間日本語を教えていました。 昔から心の隅にあった夢、「世界一周」。この春から挑戦します!今までの人生の出会いを大切に、そして新たな出会いを求めて旅に出ますこのブログを見てくださる一人でも多くの方に、未知の世界を一緒に感じていただければ光栄です。 これから旅の情報も少しずつアップしていきますので、よろしくお願いします。 Tak

大好きな場所

Australia

最新の旅メモ

Atom Feed
tak さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、tak さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

ニュージーランド(南島)

  • ニュージーランド(南島)
  • ニュージーランド(南島)

予約した航空券がどれも朝早くて、8月8日は朝5時にタクシーを拾って空港に向かう。自分の乗るはずの飛行機がボードに乗ってなくて焦る。結局はニュージーランドの天候が悪くて2時間遅れて出発する事になったのでボードに乗ってなかったようだ。無事に2時間遅れでクライストチャーチ(ニュージーランドの南島)に着いた。税関で申請書を出したときに10000ドル持ってたらチェックする欄があって、実際2000ドルくらいしか持ってなかったのに計算間違えでチェックしてしまった。別の部屋に連れて行かれ質問攻めにあい、大幅に税関から抜け出すのに時間がかかった。


出てみるとロビーにニュージーランド人のヘイミッシュが待ってた。誰が見てもカツラと思うくらい見事な天然パーマをしているので一目でわかった!彼は12人のアシスタントの中でも仲の良かった一人。性格はショーンが少しフェミニンなのに比べ、彼は男気のあるラガーマンだ。空港でハグをしたとき彼の目には涙が浮かんでいた。私が彼の涙を見たのは最後のお別れの時と、ラグビーでニュージーランド代表が負けたときぐらいである。彼は本当に元気そうでよかった。3年ニュージーにいたからか完全にアクセントが変わっていた。正直聞き取りにくい。でもわからない顔をすると噛み砕いて説明してくれる。ショーンとヘイミッシュは全く正反対の性格だが、どちらも私が困っているといつも助けてくれる。彼らには本当に感謝している。彼らの優しさを僕も見習わなくては。。。


夜はヘイミッシュの友達たちと一緒にディナーに呼ばれた。メニューはターキーにグレービーソースをかけたものとやさいをボイルしたサラダだった。毎回くじで料理を作る人と皿を洗う人を決めるらしい。男女あわせて12人くらいいたと思う。ショーンの友達は彼に似ておしゃれな細いジーンズを履いた人たちだったが、ヘイミッシュの友達はみんなラグビーをしてて、やたらでかい。僕もトレーニングはするがとても太刀打ちできない。遺伝子が違うからね。とにかくその晩楽しい時間を過ごした。


2日目はヘイミッシュがクライストチャーチの町を案内してくれた。イギリス風の建物が並ぶ綺麗な町。ニュージーランドはどこの町でも人はそんなにいないと聞く。羊の方が多いらしいよ。その夜もラグビー友達たちとディナーを食べた。


3日目はバスツアーに出かける。朝6時のバスでクライストチャーチからマウントクックという山を通ってクインズタウンに行くツアーだ。朝バス停までヘイミッシュが車で送ってくれた。大量のサンドイッチとチップスと水3リットルを持たせてくれた。「一度に全部食べてはいけない。」と警告された。母親みたいだった。僕より6歳年下だけどね(笑)ツアーは雪山の中をバスで走り続ける。観光スポットで途中何回か止まってくれる。それ以外の時間は運転手さんが延々とニュージーランドの説明をしてくれる。職人技だね。きっともともと話し好きに違いない。雪山は本当に綺麗だった。なかなか神戸では見る事ができないし、空気も新鮮だった。その空気に触れながら美しい景色を眺めているだけで自分の心が解放されていくのを感じた。

この記事の地図


地図を拡大する

この旅メモ周辺のホテルを紹介

PR

航空券を世界地図から探そう

カテゴリ

アーカイブ

タビィコムへのご意見募集しております.