タビィコムでは次の旅行のお小遣いを稼ぐことができる!
八木駿祐
  • 総移動距離:22478 Km
  • 訪問した国:48 ヶ国
  • 訪問した都市:112 都市
  • 旅行日数:94 日

イマココ・最後に訪れた都市

ブリストル
いまここ!!ログ

プロフィール

関西学院大学4年の八木駿祐です*2011年6月3日より、1年半かけて地球横断の旅に出かけています。「社会を変える」を仕事にされている方に、インタビューをしていきます!応援、よろしくお願いします*

最新の旅メモ

Atom Feed
八木駿祐 さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、八木駿祐 さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

Vol.132 スリに注意!

カテゴリ:スペイン(20)
  • Vol.132 スリに注意!
やっとの思いで入ったバルセロナ。時間は夜の23時前。正直、動くのも億劫で、宿探しをするためにマクドナルドの前でWi-Fiを拾いiPadで情報を探す。

ネットで情報を探しながら、twitterでも情報を募る。twitterは本当に有難い。10分で四人の方から返事をいただけた。フォローしていただいている方にホント感謝です。

さて、何気なくiPadのキーボードを叩いていると、何かが背中につく感触がした。どうやら液体のよう。触ってみるとなんだか絵の具を水で薄めたようなもので、少しアクリル臭い。しかし、上を見てもそんなものが落ちてくる気配はないし、色も肌色で似ているとはいえ天井の色とは全く異なる。

おかしいなあと思いつつもパーカーについた絵の具を手でかすめとり、作業を続けていると後ろの男が肩を叩いた。どうやら、上を指差している。上から落ちているということを伝えたいんやろう。荷物を持とうとするから手を払い自分で動かした。

どうやら絵の具をちゃんと落とすためにティッシュを渡したいらしく、いやに親切だなと思いつつ、iPadを席に置き、ティッシュを受け取る。そしたらご丁寧にパーカーを脱がせ自分で綺麗にし始めた。

胡散臭すぎる。そう思って荷物を振り返ると、仲間と思しき男がiPadを掴み上げた瞬間やった。

判断する間もなく、反射的に奪い返した。すぐにそいつは逃げて、振り返るとパーカーが無造作に置かれていて、2人が合流してそそくさと現場を後にした。完璧にiPad狙いでグルだった。

バルセロナでこういうスリは多いと聞く。知り合いもPCを宿で盗られ、その他にも鉄道やバスでスられている人も聞く。だから、バルセロナに行くと決まった時から気を引き締めていた。けれども、まさか到着して30分ほどで来るとは思っていなくて(予測できる訳もない)、実際に遭遇して現実味が湧いた。

そして、やはり誰も助けてくれないものだなと感じた。その一部始終を見ている人は8人くらいいたけれど、誰も割れ感せず。こっちを見てひそひそ話をしているところから見ると、ただの野次馬でしかない。当たり前やけど、自分の身は自分で守らないといけないです。

バルセロナ、友人も何人かパソコンやバッグ、靴など至る所で盗られています。お気をつけて!

この記事の地図


地図を拡大する

この旅メモ周辺のホテルを紹介

タビィコムへのご意見募集しております.