旅で使ったお金を記録するだけで、旅で使ったお金をグラフで表示
八木駿祐
  • 総移動距離:22478 Km
  • 訪問した国:48 ヶ国
  • 訪問した都市:112 都市
  • 旅行日数:94 日

イマココ・最後に訪れた都市

ブリストル
いまここ!!ログ

プロフィール

関西学院大学4年の八木駿祐です*2011年6月3日より、1年半かけて地球横断の旅に出かけています。「社会を変える」を仕事にされている方に、インタビューをしていきます!応援、よろしくお願いします*

最新の旅メモ

Atom Feed
八木駿祐 さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、八木駿祐 さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

Vol.129 アンフィールド!

  • Vol.129 アンフィールド!
昨日、プレミアリーグのリバプール対マンチェスター・シティ戦を観に行ってきました!コップ(リバプールサポーターの愛称)憧れの地、アンフィールド・スタジアム。もう昨夜から興奮して寝られませんでした。

ちなみに今カードは激戦必至!マンチェスター・シティはシーズン開幕以来負けなしでここまで来ていて、対するレッズ(リバプールの愛称)も5~6位に着けており、上位戦線に踏みとどまり上を狙うには、この試合は確実に落とせません。ましてや、隣町の憎きマンチェスターの成金チームが相手とくれば、もう燃える要素満載!スタジアムだけでなく、街中ですら地元愛を感じるほどです。



さて、試合へ。ぼくのシートはコップシート(リバプール応援側)の右コーナー上段、25列目でそれなりにいい席でした。選手入場を観客全員のスタンディングオベーションで迎えます!もうこの時点でうるうる来ています。そして、この日亡くなったスピードというプレミアではそれなりに有名な元選手を悼み追悼をしました。4万人以上が詰めかけたスタジアムが静かになった。

そしてそして、ついに憧れの瞬間、試合開始もそうですがその前のYOU'LL NEVER WALK ALONEの大合唱!FC東京が歌っているらしいんですが、ぼくは京都サンガサポなので知りません。笑 あの4万人で歌うYNWAはもう感動もので、歌いながら泣いてしまいました。ぼくはこのYNWAを歌うためにここに来たと言ってもいいほどにこの大合唱を憧れていました。バカですね。笑

ついに試合開始!試合内容を語るのは烏滸がましいと承知の上で語ります。笑 前半は面白くなかった。コップとしてもそうですが、全体的にボールも運動量も少なくて、プレミアらしい試合スピード感溢れる前半ではなかったです。これはどうしたものかと思っていたら、コーナーでシティに点を入れられ意気消沈したら、すぐにリバプールもミドルシュートが相手にあたり、同点に!良い展開で後半に入ります。

後半はもうクソ面白かったです!(クソというのは英語でいうf***ingみたいなものですね、赦してください。)シティは防戦一方で、レッズが攻める展開、いつ点が入るか入るかと期待させてくれるのですが、入らない。笑 シティにはナスリというフランス代表でも司令塔をはる選手がいるのですが、彼が替わってからは本当にレッズが攻戦一方でした。ナスリとダビド・シルバの二人でリズムを作っていたシティはガタガタに、ましてやナスリと交代で入ったバロテッリがものの18分で退場してしまったので、レッズとしては願ったりかなったり。笑

そして試合終了の笛。残念ながら勝利ならずで最後のYNWAも歌えずでしたが、それでも大満足の試合でした。そしてレッズの素晴らしさを改めて実感。またアンフィールドに帰ろうと思います。

イングランドに限らず、ヨーロッパでのサッカー観戦は本当にエキサイティングなので、都合がつけばぜひ行ってみてほしいなと思います*

この記事の地図


地図を拡大する

この旅メモ周辺のホテルを紹介

タビィコムへのご意見募集しております.