タビィコムの海外ホテル検索は約30万件から地図とストリートビューから検索
八木駿祐
  • 総移動距離:22478 Km
  • 訪問した国:48 ヶ国
  • 訪問した都市:112 都市
  • 旅行日数:94 日

イマココ・最後に訪れた都市

ブリストル
いまここ!!ログ

プロフィール

関西学院大学4年の八木駿祐です*2011年6月3日より、1年半かけて地球横断の旅に出かけています。「社会を変える」を仕事にされている方に、インタビューをしていきます!応援、よろしくお願いします*

最新の旅メモ

Atom Feed
八木駿祐 さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、八木駿祐 さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

Vol.128 ウェールズの言葉

カテゴリ:ウェールズ(3)
  • Vol.128 ウェールズの言葉
ここではちょっとした雑学を出してみようかと思います。

ここウェールズでも当たり前ですが英語が日常的に使われています。ですが、ウェールズにはウェリッシュという言語が存在します。

この言語が、また厄介なんです。

英語と似たようなもんでしょ?と思って行ってみたら、全然違って。まず、単語と単語の句切れが分からないんです。そして、普通は子音と母音である程度発音するものなのに、母音が少ない???? 

Llyfrgell Caerdydd。これ、 Cardiff Library そう、カーディフ図書館。はっきり言って読めません。このdやl、fあたりを重ねることが多く、どうやって発音するのか本当に不明です。が、ウェールズ語を耳で聞くと妙に耳に心地のよいリズムです。

また、酷い(言語を酷いと言うのはあれですが、日本人の感覚として)のだと 

Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch

もはやアブラカタブラですね。。。

意味は「赤い洞窟の聖ティシリオ教会のそばの激しい渦巻きの近くの白いハシバミの森の泉のほとりにある聖マリア教会」

日本語でも長すぎる。。。 世界一長い駅名なんだそうです。

ウェリッシュ、いつか学んでみたいですね。

この記事の地図


地図を拡大する

この旅メモ周辺のホテルを紹介

タビィコムへのご意見募集しております.