旅で使ったお金を記録するだけで、旅で使ったお金をグラフで表示
八木駿祐
  • 総移動距離:22478 Km
  • 訪問した国:48 ヶ国
  • 訪問した都市:112 都市
  • 旅行日数:94 日

イマココ・最後に訪れた都市

ブリストル
いまここ!!ログ

プロフィール

関西学院大学4年の八木駿祐です*2011年6月3日より、1年半かけて地球横断の旅に出かけています。「社会を変える」を仕事にされている方に、インタビューをしていきます!応援、よろしくお願いします*

最新の旅メモ

Atom Feed
八木駿祐 さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、八木駿祐 さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

Vol108 マザーハウスのボランティア

カテゴリ:インド(31)
  • Vol108 マザーハウスのボランティア

朝早くに起きて、6時にはマザーの施設へ行く。これがコルカタに来た旅行者の半分近くが行うある種の「アクティビティ」となっています。ボランティア。

 

ミサに参加して、5つあるグループに分けられます。それによってボランティアへ行く施設が異なります。引率者に連れたってもらい、施設までバスで向かいます。

 

ちなみに、バスに乗る前に簡単な軽食が出されます。バナナやパン、紅茶などです。

 

施設では基本的に指示がありません。自分で仕事を見つけるしかないです。サボろうと思えば、いくらでもサボれます。人数過多だと、どうしても仕事がなくなっていきマッサージしたり体をさすってあげたりになります。

 

とにかく周りを見て求められていることを自分もすることで最初はいっぱいいっぱいでした。勝手が分かってくると、機転を利かせて行動できるようになります。

 

ボランティアってやる意味あるんだろうかと思っていたぼくですが、やってみて思ったのはニーズはあるなと。まあ、ボランティアが多すぎて人数飽和はしていましたが、これがいなかった場合、70人以上の方をたった数人で見なければいけない。それはかなりの負担になる。

 

偽善かも知れないし、意味ないかも知れない。けれども、ぼくがいることで負担が減らせて、他の仕事に手を回せるようになるなら、雑務でも何でもやらせてほしい。そう思えました。

 

ボランティア行くことを強制はしませんが、こういう機会を利用するのはいいのかなと思います。

 

この記事の地図


地図を拡大する

この旅メモ周辺のホテルを紹介

タビィコムへのご意見募集しております.