タビィコムでは次の旅行のお小遣いを稼ぐことができる!
八木駿祐
  • 総移動距離:22478 Km
  • 訪問した国:48 ヶ国
  • 訪問した都市:112 都市
  • 旅行日数:94 日

イマココ・最後に訪れた都市

ブリストル
いまここ!!ログ

プロフィール

関西学院大学4年の八木駿祐です*2011年6月3日より、1年半かけて地球横断の旅に出かけています。「社会を変える」を仕事にされている方に、インタビューをしていきます!応援、よろしくお願いします*

最新の旅メモ

Atom Feed
八木駿祐 さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、八木駿祐 さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

Vol.61 キリング・ケーブ

カテゴリ:カンボジア(12)
  • Vol.61 キリング・ケーブ
ポル・ポト政権の歴史を知るにはプノンペンのキリング・フィールドが一番有名ですが、ここバッタンバンにも同じ用途で使われた場所があります。

それが、キリング・ケーブ。別名、虐殺の渓谷。

ここには自然に出来た渓谷があり、そこに人々を突き落として虐殺を遂行したそうです。ここにもまた頭蓋骨が大雑把に重ねられていました。ここは本当に触ろうと思えば触れるようになっています。とてもじゃないですが、触れませんでした。手を合わせ、静かに想いを重ねることしかできません。。。

ここは結構遠い場所にあるので、トゥクトゥクを使わないといけません。でも、一人往復$5くらいで行けました。あと、なぜかガイドをつけないといけないみたいで、一人$1払いました。まあ、安いですよね。それに案内してくれたのが子どもで、色々と楽しませてくれたので、良いかなと。

結構急な坂を登るので、サンダルでも少しきついかもしれません。できればスニーカーが良いですね!あと、雨が降ったときようにビニール袋を持参するのが良いと思います。カンボジアではみんな雨が降ると頭にビニール袋をかぶります。一見滑稽ですが、頭は濡れません。理にかなっています。笑

頂上に登った時に見える景色も最高に綺麗です!ぜひ、ゆっくりとハイキングをする感覚で行ってもらえれば嬉しいです*

この記事の地図


地図を拡大する
タビィコムへのご意見募集しております.