ウェブから直接予約で、ベトナムへ直行!!「アオザイ」クルーがお出迎え
八木駿祐
  • 総移動距離:22478 Km
  • 訪問した国:48 ヶ国
  • 訪問した都市:112 都市
  • 旅行日数:94 日

イマココ・最後に訪れた都市

ブリストル
いまここ!!ログ

プロフィール

関西学院大学4年の八木駿祐です*2011年6月3日より、1年半かけて地球横断の旅に出かけています。「社会を変える」を仕事にされている方に、インタビューをしていきます!応援、よろしくお願いします*

最新の旅メモ

Atom Feed
八木駿祐 さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、八木駿祐 さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

Vol.59 キリング・フィールド

カテゴリ:カンボジア(12)
  • Vol.59 キリング・フィールド
カンボジアでもアンコールワットと同じくらいに有名なのではないでしょうか。

キリング・フィールド

あのポルポト政権において、処刑という名の殺戮が行われていた現場です。

未だに人骨が埋まっていて、それを目で確認できてしまったり。

幼い子どもたちを叩きつけていた樹。

身につけていた衣服の一部。

そして、高く積まれた頭蓋骨の山。


この場所に来るのは怖い半分、自分はどういう反応をするんだろうと思っていました。ぼくは広島の原爆ドームに行ったこともないです。中学校の修学旅行で行った沖縄のひめゆりの人の話も寝ていた。不まじめすぎる。。

だから、こういう悲劇があった場所に行くのは、記憶にある限りでは初めてだったんです。

感想としては。

なんだか普通でした。

というか、歴史はおぞましくても、今あるものは、高く青く晴れた空に、緑豊かな場所。

本当にこんなことがあったんだと。こんなことが、こんなにも平和なここに。

自分たちがいま、平和に生きていられるということが、どれほど幸せなことか、分かった気がします。

歴史を学ぶには、その場所に行って感じること。そして、自分で勉強すること。 やっぱりそれが大切なんだなと。

2回目のカンボジアにどんどん惹かれています。ホント、好きです。

この記事の地図


地図を拡大する
タビィコムへのご意見募集しております.