タビィコムの海外ホテル検索は約30万件から地図とストリートビューから検索
numa
  • 総移動距離:1 Km
  • 訪問した国:1 ヶ国
  • 訪問した都市:1 都市
  • 旅行日数:1 日

イマココ・最後に訪れた都市

東京
いまここ!!ログ

プロフィール

フォトジャーナリスト。1973年東京出身、立教大学卒業。 芸能界、FMラジオ業界、ITベンチャー業界を経て、現在は雑誌媒体を軸に、 多様性と同一性をテーマとしたルポルタージュを発表する。 世界各地に赴き、個性的な文化、知られざる風景、人間生活を撮影取材している。 これまでにアメリカ合衆国横断(1992)、ユーラシア大陸放浪(1998)、 スマトラ沖地震被災援助(スリランカ、2004)、 南米カーニバル参加(ブラジル、2006)など旅行に関する造詣が深い。 著書「パプアニューギニア─地球のゆりかごを巡る旅─」(ダイヤモンド社・2009年)。

大好きな場所

パプアニューギニア

最新の旅メモ

Atom Feed
numa さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、numa さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

パプアニューギニア - マダン - 島へ

  • パプアニューギニア - マダン - 島へ
  • パプアニューギニア - マダン - 島へ
  • パプアニューギニア - マダン - 島へ

複雑に入り組んだ海岸線の向こうにたたずむ小さな島々、美しい湾を行き交う気の小舟。パプアの風景は旅心を掻き立てます。マダン近郊の島は素朴な村の風景が残されていると聞き(マダンも十分過ぎるほど素朴で可愛らしい町ですが)、さっそく訪れることに。

 

最も気軽に訪れることができるのは目の前にあるクランケット島。ステイ先でツアーをアレンジしてもらってもいいし、旅慣れた人なら公共のボートで島へ渡るのも面白い。島に近づくと、異邦人を発見した子供たちが嬌声をあげながら次々と海の中に飛び込み、陸上では大人たちが笑顔で手を振る、パプアではもはや「お約束」といえる熱烈歓迎風景。この地方特有の、パンダナスの葉を編んで屋根や壁にしただけの質素な家々が水際に建ち並んでいる。村を訪れると、たぶん100人は下らない数の子供たちに取り囲まれ、気分は成田空港に降り立った韓流スター状態。カメラを向けようものなら子供たちの興奮はマックスに、さらに小さなスクリーンで撮影した写真を見せようものなら、地鳴りのような歓声が鳴り響く。どんだけ素朴なんだ、この島の子供たちは。

 

ココナッツをいただいたり、彼らにとって宝物であるブタを見せてもらったり、手招きされるまま家にあげてもらって写真を撮らせてもらったり。これといって特徴はないのだけれど、とにかく村人が人懐っこくてオープンマインド。マダンに来る人は水中にたむろするお魚ちゃんのことばかり考えているみたいだけれど、陸上での心温まる出会いも忘れずにぜひ体験してくださいね。

この記事の地図


地図を拡大する

PR

海外ホテルをストリートビューで!

カテゴリ

アーカイブ

タビィコムへのご意見募集しております.