タビィコムの海外ホテル検索は約30万件から地図とストリートビューから検索
モンモン
  • 総移動距離:3580 Km
  • 訪問した国:2 ヶ国
  • 訪問した都市:21 都市
  • 旅行日数:37 日
2010年12月21日00:50
ニュージーランド から

イマココ・最後に訪れた都市

オークランド
いまここ!!ログ

プロフィール

ぼくモンモン

大好きな場所

ケアンズ

最新の旅メモ

Atom Feed
モンモン さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、モンモン さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

野趣溢れる温泉、ナファ・ホット・スプリングス

  • 野趣溢れる温泉、ナファ・ホット・スプリングス
  • 野趣溢れる温泉、ナファ・ホット・スプリングス
  • 野趣溢れる温泉、ナファ・ホット・スプリングス
  • 野趣溢れる温泉、ナファ・ホット・スプリングス
  • 野趣溢れる温泉、ナファ・ホット・スプリングス
なんでカイコヘなんて、へんぴな田舎町に僕は来たのか?
温泉があるからなのだ。

ニュージーランドは日本同様、火山の国、温泉の国。
ニュージーで温泉つったら、北島のロトルア(Rotorua)って街が超有名だけど、カイコヘは比べ物にならないくらいマイナーな所。
でもその分、日本人好みの、シンプルで野趣溢れる温泉があるらしい。
ロトルアの温泉はプールみたいに整備されちゃってる(のもある)って噂。
あ、まだ行ったことないので信用しないで下さいね。いつかちゃんと行って、この目で確かめたい。

温泉の名前は Ngawha Hot Springs(ナファ・ホット・スプリングス)
カイコヘ市内から東へ4km、南へ2kmくらいの道のり。
歩きじゃきついし、ハイウェーなので危険。車を手配するか、ヒッチハイクで行くべし。

僕は宿泊したB&Bの管理人さんが、街行くついでにと車に乗せてってくれたのでラッキーだった。今日、これでピックアップしてもらったの4回目だ(前回参照)。
帰りもヒッチハイクしてくつもりなので都合5回。みんなの好意に甘えまくってんな。

Ngawha Hot Springs の前に着くと、車のドアを開ける前から、すでに硫黄の匂いがただよってくる。期待が膨らむ。
ありがとうとお礼を言って、車を降りる。強烈な硫黄の匂い。
施設は…、写真見てもらうのが早いけど、簡素なボロっちい(笑、褒め言葉)木造で、日本のちっちゃい温泉施設のような雰囲気。おーいいじゃん。こういう感じを求めていた!

値段は入り口のところに、大人$4、シニア$3、学生$2、小学生$1、就学前Free、て書いてある。安い!
前にメルボルンにいた時行った「モーニントン半島温泉」は$30もした(そのくせ人だらけで泉質もイマイチだったw)ので、今回も十数ドル〜$20くらいは覚悟してたのに。嬉しいね。

入り口をくぐって中に入ると、すでにいくつも温泉の湯船が見える。
なにやらボコボコと音がする。温泉が湧き出てる音だ。
温泉の囲いの外に木々が立ち並んでて、野湯な雰囲気。
うひょー。期待以上でないかい。
写真パシャパシャ撮ってたら、先に入ってたご婦人(勿論水着着用)に、「早く入んなよ」って促された。
写真撮りまくるのは日本人の習性なんですスミマセン。ええ、入りますとも。
(西洋人、入れ替わり立ち代わり入ってきたけど、写真撮ってたのは僕だけだったw)

湯船は全部で。。。いくつあったっけ? 15,6はあったと思う。
白いの、黄色っぽいの、濃い緑色の、真っ黒なの。
温度も熱くて入れそうにないのから、体温くらいのぬるいのまで。
これだけのバリエーションって、日本でもあんまないような気がする…
どれも泡がボコボコいってる。ちょうどいい温度だと思って入ると、底から湧き出る湯が熱くてびっくりしたりする。
ほんとにほんまもんの、天然温泉やなあ。感動してしまった。
ゆったり浸かって景色を眺めてると、しわわせを感ずる(´Д`*)

さっきのご婦人に、白いのは肌に効く、黄色いのは骨に効く、黒いのは目に効くんだと教わりました。黒いので目を洗うんだって聞いたけどほんとか?温泉詳しくないですけど。
肌に効くって白い温泉は底に白いドロがいっぱいたまってて、ご婦人に習って顔に塗ったくってみた。確かにおハダすべすべになりましたよ!
黄色いのは骨に、、、効いたんだろうか。効いたと思っておきましょう。

あっちに入ったりこっちに浸かったり、結局3時間も入ってた。堪能した。受付の人にあきれられたんでないだろか。

外に出て、さて帰ろうと思ったら、すぐそばに別の温泉の看板が出てるのに気付いた。
「温泉 この先100m」ええ!まだあんの!
行ってみると、キャンプサイトに併設してる温泉。
さっきのと同じく(すぐ近くだしあたりまえか)硫黄の温泉で、泡がボコボコいってる。でも白い温泉はなかったし、温泉の数も少ないし狭いし、囲いが高くて景色があんま見えないし、さっきのが数段いい感じ。
まあ入るのはやめました。同じ温泉だろうし、3時間浸かって疲れたw

一応、値段を聞いてみた。キャンプサイトが1泊$7(!)、温泉が$5。
キャンプ安いなー…。車持ってるならここに宿泊して、Ngawha 温泉三昧出来るなー(ちなみに普通の部屋もあり。値段は未確認)
あー電話番号とか聞き忘れた… 宿泊施設の名前も分からん。行きたい人、スミマセン。

カイコヘの街で地元民何人かに、日本人ここに来る?て聞いてみたけど、みんな「アジア人全然来ないねえ」という返事だった。もったいない。日本人ズは MUST GO ですよ!
車があれば Paihia とか Hokianga とかから日帰りも余裕だよ!
宣伝でした。

帰りは、3台目でヒッチハイクに無事成功して帰還しましたとさ。

この記事の地図


地図を拡大する

PR

航空券を世界地図から探そう

カテゴリ

アーカイブ

タビィコムへのご意見募集しております.