タビメシを写真と場所で共有しよう!
モンモン
  • 総移動距離:3580 Km
  • 訪問した国:2 ヶ国
  • 訪問した都市:21 都市
  • 旅行日数:37 日
2010年12月21日00:50
ニュージーランド から

イマココ・最後に訪れた都市

オークランド
いまここ!!ログ

プロフィール

ぼくモンモン

大好きな場所

ケアンズ

最新の旅メモ

Atom Feed
モンモン さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、モンモン さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

ワイタンギ・デー その4 まつりのあと マオリの子供たち

  • ワイタンギ・デー その4 まつりのあと マオリの子供たち
  • ワイタンギ・デー その4 まつりのあと マオリの子供たち
  • ワイタンギ・デー その4 まつりのあと マオリの子供たち
  • ワイタンギ・デー その4 まつりのあと マオリの子供たち
  • ワイタンギ・デー その4 まつりのあと マオリの子供たち
演目が全て終わったのは午後4時過ぎ。

全部終わって片付いてしまうと、ワイタンギ・トリーティ・グラウンドはだだっ広い草っ原に戻ります。
普段はこういう感じなのね。
海岸沿いの小高い丘の上なので、見晴らしがいいです。360度のパノラマ。

草っ原の脇で、マオリたちが手を繋いで輪になって、反省会?か何かしてるのが見えた。邪魔しちゃ悪いので、遠くから見るだけにしといた。

水上でパフォーマンスしてた Waka(カヌー)たちも、グラウンドの丘からちょっと降りた所にある Waka 格納庫の前に戻ってきてました。おつかれちゃん。
写真4枚目は、世界一でっかい戦闘用 Waka, Waka Ngatokimatawhaorua(ワカ・ナトキマタファオルア)、こいつだけ格納庫(格納庫自体も Whare で、柱にマオリの彫刻がほどこされてる)の中に鎮座していた。
でけえなあ。80人で漕ぐんだってアナウンスしてた気がする。
どうでもいいけどちょっと気になったのは、マオリの彫刻ってほぼ必ず人間(神様?)がモチーフになってるのに、このナトキマタほにゃららの船首の彫刻には人間が描かれてないんだよね。なんでかな。どうでもいいですか?そうですか。

橋を渡ってキャンプ場に戻る途中、マオリの子供たちが、橋から川にジャンプして遊んでた。ていうか実は、昼くらいからずっとやってて、橋を渡るたびに見てたんだけど。
元気いいなあ子供たち。日本じゃまず、こんな風に飛び込める川がなかなかないよね。
会話はやっぱ、流暢な英語でしゃべってるね、彼ら。
なかなか跳べなくて逡巡してたマオリの女の子がジャンプした決定的瞬間を動画に撮りましたえへへ(^ω^)

TODO(笑): 動画アップしてここに貼りつけ
旅行中だと動画アップ出来るような高速ネットがなかなか使えんね…(´・ω・`)

夜、深夜1時くらいに、ハカかな? 力強い歌と掛け声が聞こえてきた。こんな遅くまで、彼らのセレモニーはまだ続いてるんだろか。
翌朝も、僕の泊まってるキャンプサイトの一角で、マオリ達が輪になってこうべを垂れて、なにか静かな歌を歌っていた。ほーたーるのーひーかーあり、そんな雰囲気だった。

そんなこんなで、祭は終わって、静かなパイヒアの街に戻って行きました。

いじょ。何かとりとめなくなっちった。まあいいか。

この記事の地図


地図を拡大する

この旅メモ周辺のホテルを紹介

PR

海外ホテルをストリートビューで!

カテゴリ

アーカイブ

タビィコムへのご意見募集しております.