ウェブから直接予約で、ベトナムへ直行!!「アオザイ」クルーがお出迎え
花フラミンゴ さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、花フラミンゴ さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

【022キルギスタン・カラコル】 キルギスの海

  • 【022キルギスタン・カラコル】 キルギスの海
  • 【022キルギスタン・カラコル】 キルギスの海
  • 【022キルギスタン・カラコル】 キルギスの海
  • 【022キルギスタン・カラコル】 キルギスの海
  • 【022キルギスタン・カラコル】 キルギスの海

キルギスタンの山奥に秘湯がある……



そんなホットなホットスプリング情報を聞きつけ、向かうことにした。


秘湯を目指すメンバーはこの3人。


いつもプロテインを飲んでいるオジサン、プロテインさん
フワフワした可愛い女の子、オモチちゃん
そして私フラミンゴだ。



みんなお互いの本名を知らないが、まぁ旅なんてそんなもんだよね。


秘湯『アルトゥンアラシャン』へはカラコルという町を経由して行くらしい。
まずはシェアタクシーでカラコルを目指す。


しばらく走ると目の前に海が現れた。

おおお~海~♪


……ん?



あれ、おかしい……
キルギスタンは内陸国なはず。。


そう思って地図を見るとそれは巨大な湖だった。
三蔵法師も立ち寄ったとされるイシククル湖だ!



車はその湖で止まった。
シェアタクシーには私たちの他におばちゃんと子供2人が乗っていたが、彼らはこの湖が目的地だった。
持参のスイカを割り、子供は浮き袋を持ってはしゃぐ。


湖には波もあり、浜では半裸で日光浴を楽しむ人々… 
まるでビーチそのものだ。


ただ普通のビーチと違う所は、振り返るとそこは緑の草地で馬達が草を食んでいるというキルギスタンらしい風景が広がっているところだ。


気持ちの良い場所ではあったが、四方八方を海で囲まれた日本から来た私たちは…………


すぐに飽きた



ビーチといっても南国のような鮮やかな海という訳でもなく、見慣れた瀬戸内海のようだったから。



でも海のないキルギスタンの人たちにとって、ここは大切な場所なんだなぁという事はよく分かった。
みんなとても楽しそうだった。


そんな湖でゆったりと休憩をとった後、カラコルの町に到着。
静かな地方都市といった感じだ。



秘湯へはここを拠点に行くのだが、山奥なためタクシーでは行けないという。
徒歩で山を登るかジープを探してチャーターしなくてはいけないそうだ。


今日行くのは無理っぽい。



しかしここカラコルの近くにも、バスで行けるアクスーという温泉があるらしい。
私たちは早速その温泉を目指すことにした。


バスは森の中の小道を走る。
山から流れる川がダイナミックで期待がふくらむ……



しかし着いたところは、温泉という情緒からはかけ離れた普通の建物だった。
ズコー



中を覗くと年配の方が沢山いて順番待ちをしている。
温泉と言うよりは、サナトリウムのようだ。



待てば入れるのかもしれないが、日が暮れてしまいそう……
夜のキルギスタンの怖さは初日から洗礼を受けている。


とにかくここには泊まれる宿もないので、カラコルの町に戻ることにした。





土曜日だからであろうか?
宿をいくつか周るもすべて満室。



そして最後にたどり着いたイシククルホテル。


………


「いや、これはやばい」
「うん、無理そう…」



ホテルに入る前から諦めモードな私たち。
ホテルの門をくぐるとそこは林が広がっていて、建物は全く見えない。


敷地内にこんなに広い林があるなんて、お金持ちの家かよ!!
絶対高級ホテルだよ!
お嬢様がセバスチャンとか連れてるホテルだよ!!



そんな不安にかられつつも、もう日も暮れていたししょうがなくその林道を進む。



すると現れたのはお嬢様の洋館……ではなく こぢんまりとしたロッジだった!


うおおおおおお!!これはいけそう!!!



レセプションは優しそうな奥さんが1人でやっていた。
値段は少し高めだったが、同行2人の素晴らしい値切り技術によってかなり安くなった。


通された部屋は綺麗でベットも広い。
あまりに居心地が良かったので、秘湯に行く前にここに2泊しよう!ということで意見がまとまった。




窓から林の庭を眺めると、なんともお嬢様な気分であった。

この記事の付加情報

イシククル湖の動画(youtube)
http://youtu.be/YwW_Pu-KX3M

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【カラコルの宿】

イシククルホテル


森のような庭園の奥にある、居心地の良いホテル
フロントの女性も優しい

トリプルの部屋で1人300ソム(値切り後の値段)

食事を付けることもでき、朝食は60ソム、夕食は100ソム(これも値切り後の値段)
サラダが美味しかった。


個人的満足度:★★★★★★☆☆☆☆

この記事の地図


地図を拡大する
コメント:コメントする
  • >takaboさん
    スイカ割りの起源はどこなんでしょうね!?
    あ、でも目隠しはしてませんでした(笑)

    花フラミンゴ 2012-03-31 10:38
  • キルギスタンでもスイカ割りをするんですか!?それはすごい。。。万国共通なのかもしれませんね。。。

    温泉情報も気になります!w

    takabo 2012-03-12 10:14

コメント&投票するには、ログインしてください。

PR

LCCで世界一周は15万円から!?

カテゴリ

アーカイブ

タビィコムへのご意見募集しております.