ウェブから直接予約で、ベトナムへ直行!!「アオザイ」クルーがお出迎え
花フラミンゴ さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、花フラミンゴ さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

【020キルギスタン・ビシュケク】旅のルート

  • 【020キルギスタン・ビシュケク】旅のルート
  • 【020キルギスタン・ビシュケク】旅のルート
  • 【020キルギスタン・ビシュケク】旅のルート

ホテルアクサイからサクラゲストハウスへ移動。


途中、リボンを付けた車数台とすれ違う。
結婚式だ!!
運良く建物から新郎新婦が登場する姿も見れた!
遠目からだったが、とっても綺麗。


後から知ったのだが、そこは結婚宮殿という建物で、毎日のように結婚式が行われているそうだ。


旧ソ連式の宮殿は大きく堂々としている。
そして宮殿だけでなくビシュケク全体もそんな建物が多かった。
一つ一つの区画が大きく歩きにくいのだが、ソ連式の建物は珍しかったので面白かった。


なんだか……SFちっく!


ところで私は最近ずっと悩んでいる事があった。
それはこれからの旅ルート。


一応出発前に考えていたのは、この後バスでカザフスタンのアルマトイ(旧首都)に向かい、そこで飛行機に乗ってロシアのサンクトペテルブルクへ、それからバルト三国を通ってヨーロッパという予定だ。


100万が尽きるまでのあてのない旅……フッ ( ̄ー ̄)+


とか格好良いことぬかしつつ、実はカザフスタンビザもロシアビザもカザフ→ロシア
間を飛ぶエアアスタナのチケットも用意していた……



………





だってえええええ!!! 
ちゃんと準備しとかないと不安じゃん~!!



実はチキンなフラミンゴです。
いや、フラミンゴじゃなくてチキンそのものです。



そして今、何故ルートで悩んでいるかと言うと、それはシルクロードの事。
これまで辿った中国とキルギスタン、それからカザフスタンと旅行するわけだが、果たしてこの3カ国だけでシルクロード旅行と言えるだろうか?


私の頭にはいつからかそんな疑問が沸いていた。



シルクロードは点ではなく線である、長く長く続く道である。
この道を通り抜けてこそ、シルクロード旅行と言えるのではないだろうか!!!

フンフン(鼻息)





シルクロードを旅するには色々とビザが必要だ。
幸いここサクラゲストハウスには、各国のビザ取得を狙う旅の猛者が揃っていて、情報も豊富だ。


私もシルクロードの旅の猛者になろうかな……


そう思っていると、1人の日本人男性がこれからウズベキスタン大使館に行くと言い出した。
ウズベキスタンといえばこの国のお隣で、シルクロード征覇にはかかせない国!


彼もまた我と同じくシルクロード横断をもくろむ猛者なのか……?


実に興味深い。
どれ、声をかけてみるとするか…!


私はその男の前に立ちはだかり、言い放った。



「あの、すみません…このチキンめも大使館に連れていっていただけませんでしょうか?」








ウズベキスタン大使館は街中の賑やかな通りを少しはずれた所にあった。
大使館の外にはビザ申請に来た人々がたむろしている。
入り口は高い鉄格子の柵で覆われ近づけない。


時々入り口が開いて、名前が呼ばれ、1人か2人が中に吸い込まれていく。



一体どこで受付をするのだろうか?
そう思っていると守衛が近づいてきた。


「おまえら何しに来た?」


「ビザを申請しに……」


なんか険悪な雰囲気である。
特に不審な行動などとっていないのだが…
しかし守衛は一言




「帰れ」



えええええええ~~!??


いやいや、ウズベキスタン行きたいんですけど!ビザが欲しいだけなんですけど!!


「名前は何だ?」


私たちは名前を名乗った。
すると、守衛は手にしていた紙をチラッとみて……




「帰れ!!」



ガビーーン



不穏な空気に耐えられず私たちは敗走した…


宿に帰って分かったのだが、ウズベキスタン大使館に行くには事前に電話予約しないといけないんだそうだ。
(なんだそれ!)
そして、ウズベキスタンビザを取るには7~10日間、運が悪いと2週間位かかるという。


な…長い……
厳しい……




エアアスタナのチケットも買ってるし、ロシアのビザも持っている。
やはりシルクロードはあきらめるか……




そう思い1人フラフラとインターネット屋に向かう。
友人のブログやメールを見つつ、パソコンで写真の整理。
美味しかった料理、優しい人々、絶景の山々…… 
シルクロードの景色はこれからどのように変わっていくのだろう?


太古の昔から続くこの道をやっぱり辿ってみたい…!



私は悩んだ……






そして気付くとエアアスタナのページを開き、
キャンセルのメールを送ってた。

この記事の付加情報

【ビシュケクのホテル②】

サクラゲストハウス

ドミトリー 200ソム

シャワートイレ共同


日本人経営の宿。
住宅地っぽい所にあるので分かりにくい。
しかし比較的街の中心部に近いので場所は良いと思う。

キルギスタンの水がきれいなのか、私のお腹が強いのか分からないが、水道水が飲めた。
(アクサイホテルの方は水回りが汚かったので試してない)


当時新しい部屋を工事中で、ドミトリーは8ベットしかなく、溢れた旅行者が床に寝る始末…
難民キャンプ状態
もちろんトイレやシャワーも人数に足りてない。

㊟日本語情報ノート有り



個人的満足度:★★★☆☆☆☆☆☆☆ 現在は工事を終え環境は改善されていると思う。

この記事の地図


地図を拡大する
コメント:コメントする
  • >takaboさん
    サイアクwwwww
    そう言われると確かに見えますねww

    行先を好きに選べるのは自由旅行の特権ですよね!

    人に聞きながら旅するのも面白そう!
    色々な出会いや発見がありそうで、なんだかワクワクします!

    花フラミンゴ 2012-03-05 00:54
  • やっぱり、ホテルアクサイが、サイアクに見えますww

    こういうのってステキですw 行き先をどんどん自由に選んで旅をするって、わくわくします!自分も隣の人にどこがいいと思う?って話しかけて旅をしたことがあって、知らない街を旅したことがありました。

    ガイドブックには載っていない街でしたが、本当に楽しい時間でした。あの感覚、また味わいたい、そう思った時が、また旅に出る時なのかな、そんな風に思っています。

    takabo 2012-03-04 17:45

コメント&投票するには、ログインしてください。

PR

海外ホテルをストリートビューで!

カテゴリ

アーカイブ

タビィコムへのご意見募集しております.