アジア、ヨーロッパから世界から格安航空検索
Takumi Tane
  • 総移動距離:39867 Km
  • 訪問した国:22 ヶ国
  • 訪問した都市:69 都市
  • 旅行日数:109 日
2012年05月07日04:50
Facebookの友達全員と会う旅出発 から

イマココ・最後に訪れた都市

マインツ
いまここ!!ログ

プロフィール

世界中を廻るのも素敵だけど、一つの地域をずっと通い詰めるのもイイものじゃないかなぁと思う。 今は、ギリシャにどっぷり嵌まっている。何十回と訪れたい、きっと訪れる国になるんじゃないかと。 誰もがギリシャを旅したくなる。そんな一押しが出来ればいいなぁと思っています。

大好きな場所

ギリシャ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています!!

最新の旅メモ

Atom Feed
Takumi Tane さんは
旅人のコミュニティ・タビィコムを利用しています!

あなたも、Takumi Tane さんのような旅のページを簡単に持つことができます。
また多くの旅人に出会え、素敵な旅をタビィコムは提供しています。


参加する♪

ベーリッツ アスパラ祭り

  • ベーリッツ アスパラ祭り
  • ベーリッツ アスパラ祭り
  • ベーリッツ アスパラ祭り
  • ベーリッツ アスパラ祭り
  • ベーリッツ アスパラ祭り
「アスパラガスの祭りがある!」 そう聞いて、ベルリンからさほど遠くなかったので行ってみることにしました。

ベーリッツという街はベルリンの南西に位置していて、ポツダムの駅からバスや電車で行くことができます。古都ポツダムから2時間に1本バスが出ていて、主要時間は1時間弱。(ベルリンからは2時間) バスの料金は、「ベルリンウェルカムカーードのABC」に含まれていました。

到着するやいなや、僕を出迎えてくれたアスパラガスのゆるキャラ「スパルゲリーノ」。 なんか歩くのがやっとの感じでしたが、のんびりした街にはちょうどいいキャラだと思いました。そして、街全体にアスパラガスの看板やモニュメントが乱立していました。ベーリッツといえば、ドイツでは超有名な「アスパラガス」の産地です。 ベルリンなどのスーパーなどに売っているアスパラガスのほとんどがベーリッツ産と書いてあります。 なんと「アスパラ博物館」もあります。(街からはちょっと離れているので行けませんでした)
街中には、ドイツならではのソーセージやお菓子の屋台はもちろんのこと、やはりメインは各農場や企業がブースを作ってアスパラガスを販売したり、加工したものを売っていたりしている屋台が大半を占めていました。観光案内所に行って情報をもらおうと思ったのですが、英語がまったく通じない。 この街にはほとんど外国人が来ることがないのだそうで、英語が分かる近所の人を連れてきて情報を教えてくれました。 なので、パンフレットなども全部ドイツ語でした。 イベントの情報を見ると、アスパラクイーンというのもいるらしい。。。そして、教えていただいたお店でアスパラガスのスープとソテーの実食。スープはあまいクリームスープにアスパラの輪切りが入っていてとてもシンプルな味でした。 ソテーはオランデーズソース(カルボナーラのような味)が茹でたアスパラにたっぷりかかっていて上品かつアスパラの風味を際立たせる一品でした。フランスで頂いたオランデーズよりもだいぶ甘みのある味でした。
腹ごしらえをしたところで街探検を再開。と、別の道を回ってみたのですが、本当に中心街だけお祭り騒ぎでほかはもぬけの殻。町の人がみんなお祭りに興じているんですね。 パレードの山車も脇に放置されていました。イベントの予定表を見てみると、アスパラガスクイーンの発表やらパレードもあったようで、その山車のようですが、ちょっと卑猥なイメージを植えつけられました。

帰りがけにお土産にホワイトアスパラガスを買いました。500gで4ユーロ弱でした。


ブログランキングに参加してます。応援クリックよろしくお願いします☆
↓↓↓

この記事の地図


地図を拡大する

この旅メモ周辺のホテルを紹介

タビィコムへのご意見募集しております.